Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/minamachijp/minamachi.jp/public_html/mnc/wp-content/themes/massive_tcd084/functions/menu.php on line 48

Windowsコマンドを勉強しよう 〜>netstat編〜

netstat コマンドの用途

ネットワークのステータスとプロトコル統計を表示します。
TCP/IPの各エンドポイントを表示します。
主に経路の状態を表示するのに使用します。
アクティブなTCPコネクションが表示されます。

netstatのオプション

netstatコマンドのオプションを下記に表示してします。
netstat -? コマンドで表示

-a オプション「netstat -a」

ネットワークのステータスとプロトコル統計を表示します。
アクティブでないTCPコネクション含めて全て表示します。

-s オプション「netstat -s」

プロトコルごとの統計を表示します。
各プロトコルごとの統計が表示されます。
パケットの総数を確認するときに使用する。

-e オプション「netstat -e」

インターフェイスの統計を表示します。
バイトと送受信の統計が表示されます。

-n オプション「netstat -n」

アクティブな TCP 接続の表示します。
現在有効な経路を表示することで確認したい経路が有効であるかどうかを見ます。

<<応用編>>-r オプション「netstat -r」

ルーティングテーブルを表示します。
「route print」と同等のコマンドになります。

<<応用編>>-ab オプション「netstat -ab」

現在使用しているPCのサービス(プロセス)で使用しているサービス名(プロセス名)の一覧とポート番号を全て表示します。


TOP
TOP