Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/minamachijp/minamachi.jp/public_html/mnc/wp-content/themes/massive_tcd084/functions/menu.php on line 48

Windows10のインストール

1. インストールDVDの挿入

Windows10がインストールされたDVDを挿入し、電源をいれます。

2. インストールの開始

インストール画面での言語の選択を行います。
上から
「日本語」
「日本語(日本)」
「Microsoft IME」
「日本語キーボード(106/109キー)」
と設定します。

今すぐインストールをクリックします。

3. プロダクトキーの入力

プロダクトキーを入力します。
既にWindows10がインストール済みの場合(再インストールを行う場合)、プロダクトキーがあっても入力しません。

インストールするオペレーティングシステムを選択します。
使用したいエディションを選びます。

ライセンス条項の確認がされます。
同意しますにチェックし、次へ をクリックします。

4. インストールの種類の選択

[カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)(C)]を選択

5. インストール場所の選択


新しいファイルから順に並べる。
更新時間ごとでのソートはファイルを探すときなど活躍する。

6. -Sオプション:ファイルサイズ順でソートする


ファイルをサイズ順で並べる。
どのファイルでどのくらいの容量を使っているかがわかる。

7. -Xオプション:ファイルを拡張子ごとにまとめる


拡張子の順に並び替える
ファイルを探すときや、ディレクトリの中身の整理の際などよく使える。

8. -Rオプション:ディレクトリ内容を再帰的に表示する


一括でディレクトリの中の情報も表示してくれる。

9. –full-timeオプション:タイムスタンプの詳細を表示する


タイムスタンプの詳細を表示することができる。
作成した秒まで知りたいときなどに使う。

10. -hオプション:単位を読みやすい形式で表示する


ファイルサイズの単位を読みやすい形式で表示することもできる。KやMなどのバイト数を使って容量を表示する

11. -Fオプション:情報の付加


ディレクトリ名の後に「/」を、実行可能なファイル名の後に「*」をそれぞれ付加する

Active Directoryアカウン
shutdownコマンド ※CentOS
sshの設定手順書 linuxへのssh
linux syslog 稼働しているプ
Pingとは 対象のコンピュータとネット
IPアドレス手順書 "IPアドレスとは
SELinuxの変更手順について SEL
相対パス ファイルやフォルダの場所の表現
目次   Teratermの接
目次   1.モードをチェック

最近の情報

BLOG

BLOG

BLOG

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP